タダシップ普及倶楽部

驚く男性

成人男性であれば、いつ何時羅患してもおかしくない病気がEDと呼ばれる症状です。EDは別の呼び方でインポテンツあるいは勃起障害とも言われており、勃起をしてもペニスが十分な硬さにならない。またはその硬さを維持することができなくなる。といった男性特有の症状なのです。勃起に障害がありますので、セックスをする際は非常に深刻な問題となります。そして勃起が不十分による失敗が増えてしまうことで、さらに症状が悪化してしまい侮ってはならない症状といえるのです。

そうした場合に有効なものが三大ED治療薬とも呼ばれているバイアグラ、レビトラ、そしてシアリスです。このうち1つを使って改善をめざします。それぞれの薬の作用機序自体は同じなのですが、それぞれ違った特徴があり個々の好みや相性により選んでいきましょう。

バイアグラの特徴として挙げられるのが短時間で一気に効き目が現われることでしょう。強力な勃起促進作用があり、経験したことのない鼓動を感じるかもしれません。その分副作用も強いため、顔に火照りが見られたり、目の充血や動悸、頭痛などを感じてしまいまう可能性もあります。ひどい症状だと下痢や嘔吐も起こしてしまうので、最初は体に慣らすためにも用量の低いものから服用することをおすすめ致します。

レビトラは即効性が高いため服用から早くて15分ほどで効き目を得られることができ、最大で10時間ほど効き目を持続してくれます。また20mgはバイアグラ100mgと同じくらいの作用を得られると言われており、強い勃起力を感じられるはずです。食事の影響は受けにくいのですが、空腹で服用することが望ましいと思います。

シアリスは空腹での服用を必要としていないため空腹であろうと食後であろうと気にすることなく服用でき、安定した効果をもたらしてくれます。また最大で36時間もの時間、効果を持続してくれるため男性のしたいタイミング、あるいは女性が性行為を望む時でもこたえることができ、お互いが満足することが出来るようになります。放置していても改善されることはない病気のため、専門機関であるクリニックや医療機関に相談するのが治療の第一歩になります。