タダシップ普及倶楽部

眉間をつまむ男性

EDを羅患する原因には精神的な問題が起因となる心因性、身体(特に血管や神経)の異常が見られる場合に起因する器質性というタイプに分ける事が可能で、なおかつこの二種が合わさる混合性と呼ばれる厄介なタイプの三種を確認することが出来ます。それぞれ羅患してしまう年代に特徴がありますので、その点も含め今一度確認を行いたいと思います。


心因性ED

ではまず若年層(20代・30代)の患者が多い心因性についてです。EDは中高年が発症するもの、と思われていますがこのタイプは若年層が非常に多くみられます。現代社会の過密な状況、仕事であったり家庭の出来事であったりなど、様々なストレスが元になっています。また過去に経験した性体験の失敗が、不安・恐怖を呼び戻し極度に緊張をしてしまう事でも生じるのです。
なぜ緊張や不安が、勃起を邪魔してしまうのか?その理由は神経が性的興奮をうまく伝えられないためです。この二つの要素は勃起をするにあたり必須です。伝達に異常が起これば勃起をする際に支障が出てしまい、EDに繋がるのです。


器質性ED

続いて器質性ですが、こちらのタイプに多く見られるのが中高年です。ちょうど肉体も衰えてきだす時期と重なり、様々な疾患も現れはじめるのです。特に血管については若い頃よりも柔軟性を失い、拡張が難航します。血管も勃起を行ううえで重要なものになりますので問題が起こればEDに繋がります。

この血管が硬くなる・血流が悪くする症状が動脈硬化で、EDの大敵になります。その原因は主に生活習慣病(糖尿病や高血圧など)がリンクしており、血管に負担がかかることでそうなってしまいます。動脈硬化が進行すれば狭心症や心筋梗塞になるリスクも高まるため、EDは健康の指標としても捉えることが出来ます。その点にも意識を置くと、自分の体調がどうなっているか判断がつきやすくなります。


少々複雑な混合性ED

最後に混合性についてです。このタイプは二つの要素が合わさるため、原因の特定が難しくなり症状が長引くのが厄介な点です。
体質を見直した・心の悩みを解決した、にも関わらず症状が一向に治まらないのはもう一つの問題が解決されていないからです。
しかしいずれの要因もED治療薬により改善が可能になっていますので、使用することをおすすめします。