タダシップ普及倶楽部

悩むイラスト

医薬品の販売は開発した成分や製造方法などの特許を取得して行われます。その理由は販売までにかかった費用を回収するため、そして投資をするためです。医薬品は非常に開発期間がかかります。そして販売まで漕ぎ着けられるものは非常に少ないです。開発の中止、費用の捻出といった大きなリスクがついてまわっており、そうやすやすと他社に真似をされてしまっては長年の研究が水の泡になってしまいます。そのため特許を取得し、一定の価格を保っているわけなのです。

ジェネリック医薬品は効果・品質・安全性が十分確認され、なおかつ特許が切れた成分を使います。いちから開発をする必要が無いため研究時間を短縮でき、それによる費用も大幅に抑えられます。先発薬よりも安く販売出来る理由がこれであり、そこからさらによい効果を生み出せるかどうかの改良も行われたりします。それにより先発薬へさらに付加価値を付けることも可能です。
形状の改善(飲みづらさ)や、苦味の軽減なども改良を行うため、ジェネリックのほうが使い勝手がいいという医薬品も中にはあるようです。


同等の効果を持つものの…

男性の手グッドジョブ

余談になりますがジェネリック医薬品は、先発薬とは添加物や製造方法が若干違います。付加価値を高めることも出来ますし、逆にアレルギー反応が出てしまうといった事などのデメリットもあります。特にプラシーボ効果による効果を弱く感じるといった思い込みはなかなか侮れないものだと思います。人間の思い込みというものはなかなか強力で、これと思い込むと薬の効果を軽減させてしまう力もあるのです。

少し話がずれてしまったのですが、ジェネリック医薬品には価格面だけではなく使いやすいよう改良が施されているものもありますし、そもそも厚生労働省より許可を得なければ販売することが出来ません。海外医薬品であればアメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)から承認を得ていることが多く、また絶大な信頼度が得られるため今や海外で販売するためには必須であるといえます。