低所得者の味方タダシップ!元シアリス愛用者の本音

薬価を抑えた薬

第二世代レビトラが発売されたのが国内では2004年のことであり、その後すぐの2007年に第三世代のED治療薬であるシアリスの販売がはじまりました。
バイアグラやレビトラと同じく、自由診療となるので保険がきかないため自己負担での使用が必要となり、医師が書いた処方せんが必要になる薬でもあるので日本で個人入手はできない処方せん薬ともなります。
1錠の値段も非常に高く、医療機関ごとで異なりますが大体1錠が1700円前後かかります。
使用機会が多い方にとってはかなりの負担になるので、最近ではジェネリック医薬品が登場しており、薬価をかなり抑えることが出来ます。
シプラ社が製造して販売しているタダシップとう薬があります。
タダシップとは有効成分がタダラフィルとなるため、先発薬であるシアリスと同一成分が配合されている薬となり、効果や副作用も同様になり、また安全面でも先発薬で認められているので安心して使用することができます。
また先発薬と同じく他のED治療薬とは比べ物にならない圧倒的な時間作用し続けてくれるので時間に余裕をもってセックスを楽しむことができます。
他の治療薬は薬を服用する前に空腹である必要がありましたが、この薬は服用時に空腹である必要はなく800キロカロリーまでの食事であれば効き目が不安定になることもなく、しっかりと安定した効果を発揮してれます。
女性とのデートで食事を気にすることなくできるので多少のストレス軽減にもなります。
気になる副作用も、ゆっくりと時間をかけて優しく作用するので発現率を抑えることができ、服用者の3割ほどの人に副作用が見られる程度です。
最も良く見られる副作用は頭痛と火照りであり、次に鼻づまりや下痢などの症状が見られます。
ジェネリック医薬品は価格を先発薬の1/3まで抑えることができているので、服用回数が多い方にはお勧めでき、国内での入手は出来ないので海外への注文となるので個人輸入の代行サービスを行っている所で注文できるので気になる方は検索してみて下さい。

タダシップをお買求めの方はコチラ|お薬110番